Googleの検索結果に表示される「記事の公開日」の制御

構造化データは主に「プラグイン」または「利用テーマ」によって書き出されていることが多い。

例えば、Yoast SEOではこのとおり

「Date in Google Preview」チェックオプション機能があるのは嬉しい。
検索結果への「記事の公開日」表示をコントロールできる為だ。

しかし、ここだけで制御が完了すると考えるのは早計。

Yoast SEOでは見た目の記事公開日を表示させた状態でありながら(知りたいと思ったユーザーにとってのユーザビリティを尊重)、検索結果で「記事が選ばれる」段階でのリスクを上手に排除してくれるのが優秀なのだが、テーマファイル側でも構造化データを自動で吐き出すものは、その配慮がなされていないケースが多い。

この場合は強引にテーマファイルを編集するしか方法がない。

参考