編集者をしている

妻と車の中で、

「ホームページ制作ってこと自体に価値は無いよな。」と切り出しておいて、

「例えば、本当の価値ってその人がぐうたらしていたり、面倒くさそうにしていても、一度本を出したいと決めたなら、寄り添い、その人を巧みにせっついて、なんなら当人にも気づいていたなったようなプラスの隠れた玉を磨きつつ、「自分でもこんな素敵になれるんかぃ!」と感動してもらいながら世に出してあげる。」

ようなことがホームページ制作なんだと思うよ。
と自ら答える。

これって、ホームページを作るというゴールよりも、
才能を叩き起こすことに価値があるよなと。

と結局一人で問答した昨日でした。